川島特別支部の敷地から、1300年前の大型寺院・大日寺(だいにちじ)の遺跡が発見されました。
遺跡が発見されたのは、幸福の科学の聖地・川島特別支部の境内地で、新たな施設の建設予定地でした。試掘によって、重要な遺跡であることが判明したため、幸福の科学は、吉野川市に対し、発掘調査に全面的に協力することを申し出ました。

2012年10月から行われた試掘調査の結果、出土したのは、仏像の頭髪部分である螺髪(らほつ)をはじめ、屋根の装飾である鬼瓦(おにがわら)や鴟尾(しび)などで、古文書の記録で川島町にあったとされる大日寺の存在の裏付けとなるものです。

大日寺は、約1300年前の飛鳥時代後期・白鳳時代に建立されたと考えられており、徳島県美馬市の郡里廃寺(こうざとはいじ)と同規模で、県内最古の大型寺院であった可能性があります。

大日寺の本尊・大日如来(だいにちにょらい)は、仏陀の悟りと修行、霊界の秘儀を象徴する存在であり、東大寺の大仏でも知られる毘盧遮那仏(びるしゃなぶつ)でもあります。これは、まさしく幸福の科学の本尊であるエル・カンターレのことです。

大川隆法総裁の生誕地である川島町は、1300年以上もの遥か昔から、「エル・カンターレ信仰」の種が蒔かれ、「聖地」として地ならしされていたと言えるでしょう。
©2012-2013 Ryuho Okawa, Happy Science